| Subcribe via RSS

就職活動に役立つアドバイスがもらえるキャリアサポートセンターと労働者の権利

8月 14th, 2018 Posted in ビジネス

就職活動の解禁時期はある程度決まっている

就職活動に役立つアドバイスがもらえるキャリアサポートセンターと労働者の権利

就職活動に役立つアドバイスがもらえるキャリアサポートセンターと労働者の権利

就職活動の解禁時期はある程度決まってはいますが、事前に取り組んでおきたいこともあります。就職活動が解禁される前に準備を済ませておくことで、速やかに就職活動を行うことが可能です。

学校にある就職課を利用する

就職活動を有利に進める為に必要なのが、学校にある就職課です。これは最近キャリアサポートセンターなど、呼び名は各学校によって異なっていますが、学生の就職活動を手厚く支援してくれる学校独自のサービスです。

いい就職先を見つけるためには、大学4年になる前からの準備が重要

利用料金は学費に含まれていますので無料ですし、就職活動に必要なヒントや知識など、アドバイスを多数受けることが出来ます。入学したばかりの学生にも就職支援のガイダンスを行う大学があるなど、今の大学は就職支援も熱心に行っています。

いい就職先を見つけるためには、大学4年になる前段階からの準備が重要になります。自己分析やインターンシップは大学3年生のうちから取り組んでおいたほうがいいですし、その前段階としての準備も大事です。

自分にどのような業種や職種が向いているかのアドバイスや目標も見つかる

自分にどのような業種や職種が向いているかについても、就職課を利用することで適切なアドバイスがもらえたり目標が見えて来ることもあります。大学生の場合、サークル活動や学業などと並行して就職のための活動を行わなくてはなりませんが、学内の就職課を利用することで、役立つ情報やアドバイスを得ることが可能です。

通っている大学ならではの内容も大いに含まれることが期待できる

OBがいる企業や、特に深いつながりのある企業など、あなたが通っている大学ならではの内容も大いに含まれることが期待できるので、利用しない手はありません。もらったアドバイスを生かして自分自身の活動につなげていくことで、自分だけでは分からなかった新しい考え方を身につけることができます。

ブラック企業予防には労働者の権利を知ることが重要

最近はブラック起業と言う言葉ももはや普通になってきてしまいました。近年ではほとんど基本的人権に対する犯罪といえるような

労働組合が労働法規と別の方面で交渉しているうちに、本筋の労働法規や労働者の権利について、「他の従業員は何も知らない」という事態になっています。コレはとても残念なこと。本来、企業に対して労働者が当然持っている権利を擁護するのが労組の役割なのに、すっかり政治組織になってしまい、それを嫌がる若者を中心に組織率が低迷しているのも懸念材料です。もちろん、政策に労働者の権利を守る法律を入れることはとても重要なのですが。

このように、今、将来のあなたをブラック企業から守ってくれるのは労働基準監督所くらいなのですが、そんなことを知らない人も多いようです。未払い賃金や残業代などの請求には、在職中につけておく勤務簿や日誌も不可欠。しっかり記録し、後で証拠として持ち出し可能なものは自分で確保しておくことが重要です。労働法・会社法・民法などで規定される労働者の権利や基本的人権、その擁護にかかわるNPO団体についての詳細については、オハイオCCW権利擁護委員会で詳しく記載しています。