| Subcribe via RSS

お金を借りる時も比較して

6月 24th, 2018 Posted in 生活

出来る限り安い金利でお金を借りたい。もっと旨い具合にお金を借りられるところはないか。など、借り手はたいていこう思うでしょう。悪質なサラ金業者は、そういった利用者の気持ちを利用して儲けを得ようとしていています。その手口はいくつもあります。手軽にキャッシングが利用できる、どんな条件の人でも必ず融資できる、などの広告で消費者を誘う方法の一つに、紹介屋があります。この時紹介されるのは、チラシを扱っているところとは全く別の業者なのです。広告元は金融業など営んでおらず、自社とは全く関係ないサラ金業者に連れて行かれるだけです。それで手数料を取られるのです。整理屋と呼ばれるものもあります。おとり広告を使い「債務を低利で整理します」などという文句で多重債務者を誘ってきます。サラ金業者と多重債務者の間に弁護士が仲介して返済額を少なくすることができる、というふれこみでローンの整理を勧め、それまでよりいい条件での返済計画を立ててみせます。いい話のようにも聞こえるのですが、実際はその金は返済されず、整理屋の懐に収められてしまうという仕組みです。整理手付け金という名目で返済金を取られることもいり、返済が延滞して債務が増えるばかりという悪質な方法です。悪徳業者の代表格に、ヤミ金融というものがあります。これは、無登録のサラ金業者であることと、10日で1割(年利365%)などと、出資法上限を越えた高金利を取ってくる悪徳サラ金業者です。人の困っているところにつけ込むことは、悪質な業者の常套手段です。条件のよさそうな話には裏がある可能性がありますので、高額融資や低金利をうたう広告には十分に注意をしましょう。トラック買取の買取金額や買取台数の無料査定