| Subcribe via RSS

目の下のたるみに引き算に対策

3月 31st, 2017 Posted in 美容

意外と知られていないのですが、目をこすることとたるみには関係があるんです。目のたるみがある人の生活習慣には、花粉症や夜更かしなどで目をこする回数が多くなる原因があると言われているんです。

目をこする回数の多い人は、まぶたの筋肉が伸びてしまいやすいことがわかっています。結果、まぶたが下がってしまうんです。若い人でも、こすることでたるんでしまう人がいます。目をこする自覚のある人はなるべくこすらずに済むように対策をたてることをおすすめします。また、かゆみや涙などの原因以外にも、化粧品をつけるとき、落とす時にゴシゴシしてしまう人も注意が必要です。せっかくの化粧品がその塗布の仕方で、恐ろしい逆効果になってしまいます。肌をこすることに良いことはなにひとつありません。特に目の周りは皮膚が薄くデリケートです。アイクリームを塗る時もやさしくポンポンとつけましょう。また、目の周りはどうしてメイクが濃くなってしまいますが、落とし方も工夫をしましょう。こすらずやさしくケアすることでたるみのない目元になります。

ワンダーエイジLで若返り!